AV企画単体求人.comとは?

AV企画単体求人.comはAV企画単体女優になりたいAV女優志望の女の子だけを対象とした超高収入求人サイトです。
AV企画単体女優(通称キカタン)は、AV単体と異なり、メーカーとの専属契約がないため、プロでなくても、バイトとして出来るAV女優です。
「興味があるのでやってみたい」「お金に困っているのでやってみたい」というような動機だけでも出来ますが、AV単体並のルックス・プロポーションを兼ね備えていなくてはなりません。
当然、顔出し必須、激ポチャNGです。
OLや他の仕事を続けたいけど、副業として、AV女優で稼ぎたいという方にはうってつけの女性高収入バイトです。


【有名なAV企画単体女優】

・長瀬 愛(ながせ あい)
千葉県出身。
朝河蘭と並ぶ企画単体(いわゆるキカタン)女優の元祖。
インディーズビデオに多く出演する。
デビュー当時はゆうかとして出演。身長は145cm。
日本テレビで深夜・ゴールデンタイムに放送されていた『マネーの虎』のオープニングシーンにも札束を握った女子高生役にて登場。
3年で120本(月3本)の出演本数を誇る人気AV女優
1999年にAVデビュー。
2002年に堤さやか、桃井望、樹若菜らとユニット「minx」を結成し、CDをリリースするなどアイドルとしての活動を開始するが、桃井望の不慮の死により2002年10月で解散となった。
2003年、長瀬自身が原案を務めたマンガ『長瀬愛物語』が連載スタート。
同年、AVを引退。

・堤さやか(つつみ さやか)
神奈川県出身のAV女優。
童顔で身長が低かった事から、主にロリータ的役柄で、数多くの作品に出演しており、騎乗位で汁男優に大量の精液を浴びせられるなど、ハードな内容のものも多い。
同じ所属事務所で身体的な特徴が似通った樹若菜や桃井望や長瀬愛との共演作品も多くリリースされた。
2005年には年間google検索数AV女優ランキングで第9位を獲得している。
一時期は副業でバスガイドをしており、一部の修学旅行生の間で話題となった。

・笠木 忍(かさぎ しのぶ)
埼玉県出身。郷里は青森県。
一時引退後はコアマガジンの雑誌で漫画家として活動した。
有料アダルトサイト「xcity」内の「忍堂」というコーナーに作品を展示している。
インディーズの作品を中心に、数百本にのぼるAVに出演。
ロリータ系のフェイスと天性のイジメられキャラで人気を呼び、長瀬愛、堤さやか、桃井望と共にインディーズ四天王とも呼ばれた。
SMなどの、ハードなプレイの作品が多い。
しかし、本人は少しだけMっ気がある程度で真性のマゾではないので、撮影のたびにいじめられるのは、かなりつらかったそうである(「同じような内容の作品のオファーばかり来るのに飽きてきた」とのコメントをしたこともある)。
寡黙な色白ロリータフェイスでありながら、身長165cm、BWH-85-62-88というキャラに似合わぬスタイルは、それまでのAV女優には見当たらなかった点でもあり、一時期「インディーズNo.1」とも呼ばれていた。
再復帰前は事務職としてOL生活を送っていた。
特技は料理。趣味は買い物。
オタクっぽいところもあり、「『仮面ライダー』が好きだったのがきっかけで自動二輪免許をとった」、「好きなタイプは『ドラゴンボールZ』のトランクス君」等の発言がある。
オートバイ関連では大型オートバイ趣味誌『別冊モーターサイクリスト』に二度にわたり登場し(2003年4月号、2003年10月号)、ライディングギアメーカー「クシタニ」の女将(元社長で当時は会長)と対談。
クシタニ女将に「もしも結婚するならちゃんと式を開き、お世話になったお祖母ちゃんを呼んで花嫁衣装を見せたい」等と発言し、従来からのAVファンを感動させただけではなく、それまで全く彼女の存在を知らなかった中高年オートバイ乗りまでも涙させたと言われている。
当時は中型乗りであったが、その後大型二輪免許も取得。オートバイ雑誌『チャンプU』にコーナーを持ち、自作の漫画を含め連載した。
2011年5月、YouTubeにてAV復帰するとのコメントを発表した。
6年で200本(月2.7本)の出演本数を誇る。

・立花 里子(たちばな りこ)
愛称は「リコピン」。
血液型:O型 、身長:169cm 、スリーサイズ:B83・W60・H89 、Dカップ。
東京都出身。名東所属。2004年にAVデビュー。
ドグマやGLAY'zなどの一部の作品においては、立花 理子(たちばな りこ)の名で出演していたことがある。
痴女・レズものを中心に活躍した長身でお姉さん系の大人気キカタン女優(企画単体)女優。
その抜群のスタイルと鍛え上げられた腹筋がもたらすスタミナ、テクニックで、「最強の痴女」、「レズの鉄人」と称された。
同じ事務所だった元AV女優・三上翔子に似ていると言われて、『舐め愛レズ』をきっかけに親友となり、2人の共演も10作品に上った。
三上翔子引退後は三上の後継者となり、同じくレズテクのある桜田さくらとともにレズ女王の異名をとり、また乃亜や紅音ほたるとともに痴女王の異名をとる。
2006年6月『ディープレズ 立花里子・柚月ひかる』(GLAY'z)で初監督。
2005年9月9日から投稿が開始された"りこすり半劇場 -立花里子公式ブログ"は2007年5月29日の投稿を最後に終了。終了理由は不明。最後となった投稿にも、ブログの終了を思わせるコメントはなかった。
2007年3月15日に2007年度日本アダルト放送大賞の最多出演女優大賞を受賞。
2007年7月2日の午前にコンテンツ先であるA-Vlog内にある立花里子関連の情報掲載は全て終了。2007年7月6日、A-Vlogにて「絵ロ本。("えろぼん"とよむ)」(講談社MouRaウェブサイト内)に専念する旨の立花直筆の(イラストつき)コメントが公開された。なお、講談社MouRaウェブサイト「絵ロ本。」の更新は2007年12月にいったん休止したものの、下記単行本化に合わせて関連記事の掲載が一時的に再開された。
2008年3月17日に『地獄痴女スペシャル 引退・立花里子 私が永遠の最強痴女よ!』(レアル・ワークス)の発売をもって引退した。
2008年8月29日に 『絵ロ本。』の単行本が発売された。
2008年12月20日にイーブログコンテンツに立花直筆イラストを公開

・紅音 ほたる(あかね ほたる)
ニックネームは「紅」(べに)。
2004年、秋月 杏奈(あきづき あんな)としてAVデビュー。当初はギャル系だったが、ロリ系にイメージチェンジをし、キカタン女優(企画単体女優)として大人気になる。 秋月杏菜名義での出演作もある。
同年12月、前の事務所より移籍して紅音ほたるに改名。
改名してからしばらくして、ロリ系からギャル系にイメージを戻した。
2005年には、2005『週刊プレイボーイ』AVアカデミー賞新人賞を受賞した。
2006年には、MIMI、麻生岬とともにケイ・エム・プロデュースの企画レーベル「おかず。」のキャンペーンガール、「チームコギャル」に選ばれた。
2008年9月に、『週刊プレイボーイ』9/15号でのインタビューにおいて、AV女優からの電撃引退を発表し、同年11月2日のイベントをもってAV女優を引退。
引退後はタレント活動と共にHIV予防啓発活動などの女性向けの性意識改革プロジェクトを推進中。
2010年5月に、一般社団法人つけなアカンプロジェクトを設立。同団体代表理事に就任。
2011年6月、台湾エイズ基金主催の台湾国会である台湾立法院内でのHIV検査週間啓発記者会見にてスピーチ。
同時に台湾公認HIV啓発大使に就任

・つぼみ
デビュー前、街を歩いている時に受け取った高収入アルバイト雑誌の募集で、業種が書かれていないページに掲載された会社へ電話したところAV事務所だった。
アダルトビデオと聞いてすぐに電話を切ったが、後にかけ直して面接をしてもらった。
彼女はポルノ業界へ入る前は玩具売り場で働いていた。
芸名の由来は、花がまだつぼみの状態である12月生まれということから。
S1と専属契約を結び、2006年4月(18歳と約4ヶ月)に『新人×ギリギリモザイク』でAVデビュー。
以後S1作品に6本出演。
2007年に笠倉出版社と専属契約を結ぶ。同年2月23日に笠倉出版社での第1弾作品『Re-Birth』が発売された。以後笠倉出版作品に12本出演。
2008年2月よりキカタン(企画単体)女優として活動、同年3月28日付けの公式ブログで、所属事務所のサンライズエージェンシーが体調不良を理由に休業する事を発表。
同年5月15日付けのブログで本人が復帰を発表。
2011年、ケイ・エム・プロデュースの企画レーベルレアル・ワークスのキャンペーンガール「レアル・ガールズ」に、翌年、ケイ・エム・プロデュースの美少女レーベル宇宙企画のキャンペーンガール「宇宙企画ガールズ」にそれぞれ選ばれる。
2012年4月から半年間限定でさとう遥希、加藤リナ、小倉奈々、成瀬心美とともにスカパーアダルト応援隊『AIDL5』を結成した。
同年6月、出演本数が1000本(オムニバス・総集編を含む)を超えた。

・大沢 美加(おおさわ みか)
血液型:O型。身長:154cm。スリーサイズ:B84(C-70)・W58・H85。
2009年、「廣田まりこ(ひろた まりこ)」「桜木久美子(さくらぎ くみこ)」の名前でヌードイメージビデオが発売。
同年12月に「大沢美加」としてAVデビュー。ロリ系のAV女優である。
2011年7月をもって引退した。


・朝河 蘭(あさかわ らん)
神奈川県出身。血液型:O型。身長:158cm。スリーサイズ:B86(D)・W58・H85。
2001年デビュー。デビュー時の芸名は「清水優香」で、「朝河蘭」に改名後大ブレイクした。
武藤蘭の名前は Asian-Hot(俗称:亜熱)によるネット配信ビデオでのみ使用(海賊版でも使用)されている。
2002年の1年間で、212タイトルの作品に出演を果たした事から、この記録をギネスブックに申請した。
翌年の2003年には、それを超える304タイトルの作品に出演を果たしたが、同年10月23日に引退をHPで発表。
2001年頃からのAVブームを及川奈央との2本柱で盛り上げた。
2003年に引退。
2年で516本(月21本)という驚異的出演本数を誇る。

ウィキペディアより引用】